スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第13回キツネの社mf使用構築 ボルト鬼ゲンガー

第13回キツネの社mfに参加してきました。結果は予選ラウンド7-2で9位通過。決勝トーナメント1回戦負けでベスト32でした。

直前までPTが決まらなかったのでぼっち勢思案するでおなじみの小巻(@pokekomaki)にPTの原案をもらい、それを自分がやりたいように改変したものが今回使ったものとなります。といっても基本の3体以外は思いつきで組んだのでまだまだ考察の余地があります。使用構築という形で記事に残しますが今後も考えていきたいと思っています。

ボルトロスオニゴーリメガゲンガーメガガルーラランドロス(霊獣)スイクン
Read more
・ボルトロス(化身)@きあいの襷
155-*-90-177-100-179
10万ボルト/イカサマ/威張る/電磁波

・オニゴーリ@食べ残し
177-90-100-100-111-145
氷の息吹/地震/まもる/身代わり

・ゲンガー@石
135-*-81-182-95-178(メガ前)
131-*-101-222-115-200(メガ後)
たたりめ/ヘドロ爆弾/身代わり/催眠術

・ガルーラ@石
205-138-101-74-90-125(メガ前)
205-171-121-94-108-135(メガ後)
岩雪崩/岩石封じ/冷凍ビーム/大文字

・ランドロス(霊獣)@拘りスカーフ
183-191-117-*-100-139  (3Vの借りもの個体)
地震/ストーンエッジ/叩き落とす/とんぼ返り

・スイクン@カゴの実
207-*-179-110-136-109
熱湯/冷凍ビーム/瞑想/眠る


~解説~
・ボルトロス
相手のポケモンに電磁波威張るを入れて裏のポケモンの起点を作る、もしくは威張る自傷+10万かイカサマで相手ポケモンとのタイマンに勝ち裏のポケモンに同様に電磁波威張るを適宜打っていきます。めざ氷は別に打たないといけない相手がいなかったので今回はイカサマを採用しました。

・オニゴーリ
ボルトロスの電磁波か、後述のガルーラの岩石封じから展開をしていきます。
残飯ガルド、残飯ヒードランを楽に処理できるように零度ではなく地震を採用しました。
相手の電気タイプが非常に重めなためH177Sぶっぱ残りをDに振りました。

・ゲンガー
ボルトの電磁波威張るからの身代わり展開、またはボルト展開を阻害してくる相手(主にカバルドンやラグラージ)に対して催眠たたりめで無理やり処理したりします。フェアリーにも強めなのがオニゴーリとの相性がいいです。
ゲンガーの催眠術は当てればラム持ちとかでない限り無償で1体落とせる性能があり、どんな厳しい相手にでも勝てるチャンスを生むことが出来て本当に強い技です。

催眠持ちな時点で6割運ゲしまくりに思われてしまいそうですが、予選で1回しか打っていません(最終ラウンド外したら負けな場面で)。

・ガルーラ
ボルトオニゴーリゲンガーの裏選出としてガルーラランドスイクンの3体の並びが汎用的に強く、見せあいの圧力もあると感じたため採用しました。 が、ボルトオニゴーリ選出に組み込むことを考えた際に単体で仕事ができて後続のサポートも出来る型の方が選出もしやすいし活躍すると考えXYレートシーズン1のころに使っていた両刀ガルーラを採用しました。
オニゴーリの起点も作れるように岩石封じを、サンダーなどがダルかったために岩雪崩を採用し怯ませまくる天の恵みガルーラとして使用しました。 受けループに当たった際に岩雪崩の枠が空元気だったら勝てていた可能性があったので、てんめぐとか調子に乗ったことをせずに空元気にしておけばよかったと思いました。後から指摘されて気がつきました・・・
メインに据えないガルーラは仕事を決めてそれをしっかりこなせるようにしたほうが強いと感じました。


・ランドロス
相手のマンムーアローのような並びに対してランドスイクンでサイクルを回すために採用。

・スイクン
マンムー、アローや高耐久ポケモンなどに対する駒。初めは熱湯瞑想眠る寝言@ゴツメの構成で使っていたのですが、マンムーマンダの並びにマンダの空元気でボコされたためにしぶしぶ冷凍ビームに変更しました。ドリュウズアローなど特定の並びにしか出さないことが分かったのでゴツメに戻そうと思いました。対受けルもそのほうがよさそうです。

~総括~
 クレセドランガルーラなどのサイクルを回すパーティを使う際に生じる選出択のようなものを出来るだけ減らしたパーティとなっているので相手の選出への依存性が少なく、ガルーラなどで圧力を掛けて相手の選出を歪ませることも出来ていたと思いました。
 これまで私自身オニゴーリを使ったことがなく、クソ運ゲだけのたいして強くないポケモンだと思っていましたが、実際に使ってみると相手PTのどこで起点を作るかを決めてうまくオニゴーリに繋ぐことが出来た時点でほぼ勝ちというレベルで強かったです。(まあ運ゲですが) 
 ゲンガーの催眠術をあまり打ちたくなかったために初手ボルトからの展開がほとんどでしたが、初手にゲンガーを出して催眠たたりめでいけるところまでいって残りをボルトオニゴーリで頑張るといった手法もとれそうだと感じました。
構築上ウルガバシャあたりが重めになってしまいましたが選出立ち回りでごまかせなくもないと感じました。

ボルトで威張る場面をしっかり考えて、考えて考えて気合いを入れて威張りましょう。



選出パターン
ボルトオニゴーリゲンガー
ガルーラオニゴーリゲンガー(ゲンガーをメガさせずに使う)
ランドスイクンゲンガー
ボルトオニゴーリスイクン


余談ですが、ボルトランドガルーラゲンガーと並べて自己紹介カードにVANさん最高と書きまくったおかげでツイッターなどでポケモンの情報を集めている人のミスリードを勝手に誘うことができたりして楽しかったです。ボルトランドコントロールしません。



記事は以上となります。何かあったらツイッターまでお願いします。

社mf関係者の皆様お疲れさまでした。またどこかでお会いしましょう。

まもみがは最強(回避6上げしながら)。


Hide
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。