第6回キツネの社mf使用PT~ナンス入りバンギグライ~

10月7日に行われたキツネさん主催の第6回キツネの社mfに参加してきました!
結果は予選ラウンド6-2で予選抜け。
決勝トーナメントは優勝者のこばるとさんに負けてベスト16でした!

午前中2連敗してガン萎えしてたけど午後6連勝してなんとか予選を抜けられました!
PT晒すんで暇な方は読んでみて下さい。


~使用PT~
バンギラスグライオンFCボルトロスソーナンス ローブシンナットレイ 

ポケモン持ち物技1技2技3技4
バンギラス拘りスカーフ噛み砕くスポーンエッジ追い打ち馬鹿力
グライオン毒々玉地震燕返しみがわりまもる
FC ボルトロス拘り眼鏡10万ボルトめざパ飛行ボルトチェンジくさむすび
ソーナンスオボンの実カウンターミラーコートアンコールみちづれ
ローブシン命の珠ドレインパンチマッハパンチかみなりパンチれいとうパンチ
ナットレイ食べ残しタネマシンガン電磁波やどりぎの種みがわり


バンギラスで砂を撒きグライオンで嵌めるギミックの入ったPT、俗に言うバンギグライです。
今回の構築はこのバンギグライにソーナンスをぶち込んで苦手なやつをキャッチしよう。ってのが始まりです。

~個別解説~

バンギラス@拘りスカーフ
性格:陽気
実数値:183-176-133-*-121-124

耐久に振ったスカバン。ラティボルトあたりを上から叩くためスカーフ。
追い打ちを搭載することによって1サイクル目からラティオスを倒すために採用。
スカーフ追い打ちは読まれにくかったりですごい活躍しました。
ガブの地震耐え調整をしたけどれいとうパンチを搭載してないので無駄調整だったかも。Dに割いて舞いウルガのさざめきをもっといい乱数で耐えたいところ。
砂を撒きつつ上から殴れて腐りにくいので使いやすかったです。
あとエッジがまじで当たらな過ぎてヤバい。4回打って2回外すとかヤメテ・・・


グライオン@毒々玉
性格:陽気
実数値:179-115-155-*-95-155

このPTの主人公。
Hをポイヒ回復量最大に。
Sを準速101族抜きまで上げたついでに準速ガブ抜きまで振ってます。
最近増加してるウルガモス、ボーマンダ、FCボルトあたりまでを対面でもワンチャン嵌めれるようにSを調整しました(準速に限る)。
実際当たったウルガモスは全て控えめだったのでこの調整で良かったと思います。
残りは少しでも耐久を上げたかったのでBに回しました。

今の環境は全体的にSラインが下がってきていて、嵌めれるポケモンが増えてマンムー全盛期だった頃よりは動きやすかったです。2試合はこいつで嵌めて勝ちました。
前回の社mfが終わったあたりから、グライオンはオワコンとか言ってる人がちらほら居ましたが。全然オワコンじゃないと思います。最強でした。


FCボルトロス@拘り眼鏡
性格:控えめ
実数値:169-*-90-200-100-153

最強の眼鏡ボルト。めざ飛でローブシンとほとんどのウルガモスを1発で処理します。
このPTはウルガハッサムあたりに舞われたらヤバいので、舞われる前に息の根を止めてやろうという考えで採用。
くさむすびはカバルドンを1発でもってくために採用。
主に火力のごり押しをする感じだったけどかなり強かった。相手のサンダーをけん制できるのもいい感じ。
かみなりを採用したかったけど、エッジも当てられないような人間がかみなりなんて当てれるはずがないとおもったので無く泣く10万ボルトを採用しました。雷の火力が恋しいです。


ソーナンス@オボンの実
性格:図太い
実数値:284-*-121-53-92-53

配分はテンプレ。
今の環境すごく強い。ただ使い方を間違えるとただのお荷物なので注意が必要。
パルシェンを見たらこいつで真っ先に最低でも1ー1交換させます。
パルに破られたら壊滅するので。
今回のオフでは選出した試合はそなりに活躍してくれました。やっぱナンスつよいね。


ローブシン@命の珠
性格:意地っ張り
実数値:181-211-*-85-97

いじっぱりASブシン。
Sを甘えたラキムドーを上から倒す。ハッサムにもよく先制でドレパンを打てたりします。
これはこれで強いけどやはり鉢巻きカイリューの逆鱗耐えまで耐久を振りたいです。
受けループ対策はPT単位で考えないといけないですね・・・
単体性能が高く非常に強かったです。


ナットレイ@食べ残し
性格:慎重
実数値:181-116-162-*-165-47
最強のナットレイ。 
運が良ければ3タテも夢じゃないです。
有利対面をつくって電磁波or宿り木を打って身代わりしてればOK。
主に対雨への駒、逆鱗ストッパーとして投入。
ナットレイミラーは勝てないけどこの型のナットレイがこのPTには合ってるとおもいます。
鉢巻きカイリューや珠ハッサム相手でも電磁波→身代わり連打 で1回麻痺バグ引いてくれれば宿り木打って削り勝てるのも強いところ。


このPT使っててきつかったのがウルガ入りカバドリュ、珠ハッサム軸の起点構築あたりだとおもいました。
立ち回りの際にはいかに起点を作らせないように立ち回るかが重要でした。
1番きついのが竜舞いジュエルカイリュー。こいつだけはどうしようもなかったきがします。初手ナンスで道づれ連打しかないです。


PT紹介はこんな感じです。
ここ5カ月くらいバンギグライ軸でずっと試行錯誤してきたけど今の環境で動きやすいバンギグライはこんな感じになるんじゃないかな~と思います。

ここまで見てくださった方、ありがとうございました!!
スポンサーサイト

Comment

No title
NGO #- - URL
2012/10/09 (Tue) 02:28

スポーンエッジってなんだよ
スポンジみたいに言ってんじゃねーぞハゲ

No title
ブロG #- - URL
2012/10/09 (Tue) 02:39

すみません・・・ 外し過ぎてついついスポーンと書いてしまいましたm(__)m  
まあこのままにしておきます。

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する