スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕のLIVEはLove Live!とのLIFE

ラブライブ!にハマってあっという間に1年が経過した。



最初にラブライブ!と出会ったのはアニメの5話が放送されていた時だった。
小柄な黒髪ツインテールの少女がにっこにっこに~と言っているシーンだった。
なんだこれ。見るのも辛いな・・・
これが最初の感想だった。

この時期くらいからツイッターでラブライブ!関連のツイートをよく見るようになった気がする。
大して面白いとは思わなかったが、5話だけを見ているのも気持ちが悪い。血液型はO型なのに無駄に几帳面(ただし部屋は汚い)な私は第1話からラブライブ!を見ることにした。

学校が廃校になりそう→廃校を阻止したい→スクールアイドルとの出会い→これだ! の流れがとても分かりやすかった。ここからメンバーが増えていくのだろうと思った。この時点ではキャラクターも特にかわいいなどとは感じなかった。
EDで穂乃果が道路で車を回避しながら踊っていて、危険だと感じた。

冬休みで暇だった私は1話が終わるとすかさず2話の視聴へと移行した。





21世紀、世界の萌えブタ人口は1億人の大台を突破。
日本でも大規模な萌えアニメが毎年放送され、ニートに直結する生活を送るべく高校、大学生たちがアニメを貪っていた。
これはその頂点を目指すオタク予備軍の軌跡……。


to be continued...
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。