いまどきのグライオン

最強ポッケモ。
グライオン
 

特性持ち物技1技2技3技4
ポイズンヒール毒毒玉地震つばさで打つみがわり守る


1時期はテクニガッサのせいで数がめっきり減ったグライオン。
最近また使う人が増えてきたように感じます。

今回の記事はグライオン対面でPP合戦を積極的に仕掛けていくことのできるつばさでうつグライオンについてです。
ツバメ返しや炎の牙などのPPが32であるのに対してつばさで打つのPPは56もあり、まもみがグライオン対面でPP負けすることがありません。
グライオンを使っているとどうしてもPP勝負を仕掛けて行かなければいけないときがあります。そこでツバメ返しを採用していてPPが切れて負けるといった場面がかなり少ないですがありました。

相手のPTが今流行りのゴツメハッサム入りのバンドリだった時のことです。相手のラス1ハッサムの技構成がとんぼ返り、バレットパンチ、羽休め、寝言で、こちらはまもみが地震ツバメ返しのグライを使っていた時です。まもみがをはさんで地震つばめで相手の羽休めのPPをどうにかして枯らすことに成功しましたが、同時にこちらの地震ツバメ返しのPPも切れてしまいました。
これがつばさで打つ採用だったら勝っていたと考えると。PPの多い翼で打つを採用するのもありなのではないかと思います。

また、つばさで打つを採用するとツバメ返しの必中という効果がなくなりますがそもそもグライオンで飛行技を打ちたい相手が。キノガッサ、ユキノオー、ウルガモスあたりであり、影分身分身ガッサの個体数を考えるとつばめ返しである必要性はほとんどないのかな~と思います。

つばさで打つは遺伝技なので注意してください。僕はヤンヤンマから遺伝させました。だるかったです。


このグライオンは22日にある第7回キツネの社mfで使用する予定でしたが留年を回避するために集中授業をとるため参加できなくなってしまったのでここに載せておく感じです。
ではみなさん、よいクリスマスを(´◔‿ゝ◔‘) 
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する